社会福祉協議会でセミナー行いました。

菊陽町の社会福祉協議会で100名を

超える方の前で話をする機会を頂きました。

 

「認知症の親の介護に困らない新たな方法」

というタイトルで話しを行いました。

 

7527020304_IMG_2626

60代~70代の方が多かったせいか

皆さん、自分自身のことと重なってか

真剣に聴いて下さいました。

 

238A005B-98C4-404F-AC8A-1882EA6DEC00

 

「親の介護には親の財産を使えばよい」

と思われている方も多いと思います。

 

 

親が認知症になり、財産が凍結されれば、

住宅ローンや教育にお金が必要となる

40~50代の子どもに更に負担が

かかります。

 

 

親が元気なうちに、家族信託などで

柔軟な財産管理ができるようにして

おくことで、成年後見と比較しても

金銭面・心理面で随分と楽になります。

 

 

91857543-5FB1-453C-AA7D-9F2906E8CCBE

 

 

<用語解説>

委託者:信託する財産のもともとの所有者で、信託をお願いする人

受託者:委託者からの信頼に基づいて、財産の管理・処分等を任された人

受益者:信託された財産から生じる利益を受ける人

 

※「家族信託」は一般社団法人家族信託普及協会の登録商標です。

 

 

「認知症に備えて、財産管理の対策をしたい」

「孫の代までの資産承継の仕組みをつくりたい」

という方は、電話又はメールで連絡下さい。

詳しい資料を無料進呈します。

 

 

司法書士・行政書士西本清隆事務所

住所 〒862-0971
熊本県熊本市中央区大江6丁目4-10
TEL 096-288-0003
FAX 096-327-9215
営業時間 8:00~20:00
アクセス
・県道58号線 白山交差点を北に350m
・熊本市電 味噌天神前駅から徒歩4分